プログラム

プログラム日程

特別講演Ⅰ

「これからの医療」(仮題)

嘉山 孝正 (日本脳神経外科学会 前理事長)

特別講演Ⅱ

山下 英俊 (全国医学部長病院長会議会長・山形大学医学部長)

シンポジウム1

「蘇生と吸入療法」

シンポジウム2

「RSO2の今後」

シンポジウム3

「蘇生時の気道確保再考」

シンポジウム4

「Bystander CPR実施後の心的ケア」

教育講演1

「精神科救急症例の初療を学んで救える命を救う」

教育講演2

「低体温療法の基礎と臨床」

教育講演3

「Rapid Response Teamの現状と将来(仮題)」

教育講演4

「気道確保」

招請講演Ⅰ

「Prehospital Advanced Airway Management
-the North West Ambulance Service Experience」

Dr.Oliver Harrison

招請講演Ⅱ

「医療コンフリクト・マネジメント-人間関係の“蘇生”」

ハンズオンセミナーの予定(後日、募集)

1)eCPR(VA-ECMO) シミュレーション・ラボ
2)VV-ECMO ミュレーション・ラボ
3)蘇生エコーハンズオンセミナー
4)母体救命ベーシックコース・アドバンスコース
5)DAM コース ハンズオンセミナー
6)移植シミュレーションセミナー

一般演題 200題

市民公開講座

「救える命を、あなたは救える!」
11月17日(土)午後 天童市民プラザ 入場無料
共催:日本赤十字社(予定)

特別企画「バイタルサインセミナー」

11月17日(土)午後 天童市民プラザ
参加費1,000円 学会参加者無料

座長 川前 金幸 山形大学 医学部麻酔科学講座 主任教授
講演Ⅰ 鈴木 昭広 「気道・呼吸管理の最前線」
東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座 教授
講演Ⅱ 垣花 泰之 「侵襲時の体液・代謝管理 -何を考え・どう対応するか?-」
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 救急・集中治療医学 教授
講演Ⅲ 重見 研司 「モニタ表示の解釈と対処 -循環不全を防ぐために-」
福井大学医学系部門医学領域器官制御医学講座麻酔・蘇生学分野 教授
講演Ⅳ 萬家 俊博 「手術室における危機管理とチェックリスト」
愛媛大学大学院医学系研究科医学専攻病因・病態領域 麻酔・周術期学講座 教授